海外赴任に行きたくない人集まれ!みんなどうしてるの?徹底解説!!

 

突然の海外赴任の辞令!

 

…あの…行きたくないんですけど…!!!

 

どうしたらいいの?!辞令って断ることってできるの?!打診って?!

 

今もし、そんな悩みを抱えているなら大至急! 知りたいですよね。

 

そこで、「海外赴任に行く?行かない?心の葛藤とその結果」を集めてました。

 

 

海外赴任に迷いながら行った場合

 

海外赴任したくてウズウズしている人と、そうじゃない人も当然いますよね。

 

特に、英語の能力や家族関係のことなど、ちょっとした不安を抱えながら向かう場合もありますよね。

 

Aさんのケース(29歳男性。彼女が海外生活嫌い…?)

 

学生時代からの同級生だった彼女は、以前から「私は海外生活はできない」と言っていました。

 

でもAさんは英語も得意で、いつかチャンスがあれば海外赴任も…と考え、就職先も海外で働く可能性のある企業に就職。

 

そしてAさんが29歳の時、会社から海外赴任の打診が。

 

悩みながらまず彼女に「この海外赴任を受けたい。できれば結婚して一緒に行ってほしい。自分がずっと望んでいた海外赴任だけど、君が気の進まない気持ちも分かっている…。」と正直に相談したそうです。

 

彼女の返事はなんとYES!

 

Aさんの彼女

ずっと頑張っていた姿も見て来たし、私も応援したいと思っていた。私のことを心配して真剣に考えて悩んでくれていたのも本当に嬉しかった。だから、私は結婚して一緒に行くよ!

 

ということで、結婚して家族として帯同。行ってから知ったそうですが、彼女はAさんを応援しようという気持ちから、「万が一」に備えて実は以前から日本で英会話スクールに通っていたそうなのです!

 

帯同して〇年。彼女の英語力も伸びて、お子さんにも恵まれて幸せそうです。

 

Aさん

彼女も自分を大事にしてくれていたことに改めて気づかされたし、実際に現地での生活を一生懸命助け合ってできることに本当に感謝している。家に味方がいることがこんなに心強いことだとは思わなかった。。。彼女と結婚して本当に良かった。

 

・・・ご、ご馳走様です。彼は現地の評判も良く、職場でも有名な愛妻家だそうです。

 

 

Bさんのケース(30代女性。家族と英語力に不安が残る。)

 

地方出身のBさんは、東京の企業で事務系の仕事をずっとしていた方でした。会社でも自分の居場所をしっかり持っているためd、できれば定年までここで勤めたいと思っていたんだそうです。

 

ある日、勤めていた会社の「急遽」の海外進出で、現地立ち上げスタッフとして突然海外赴任を命じられました。

 

「青天の霹靂」で英語の準備も全く無し、不安だらけのため何とか別の方を…と申し出てみたのですが、会社からは「とにかく行ってほしい!」とのことで、状況的には断ることも難しい状態…。

 

彼女は地方にいる祖母の介護をするお母さんを時々手伝っていたのですが、お母さんから「多分、あなたは結婚しないかもしれない。だったら仕事は頑張ったほうがいい。」と背中を押され、後ろ髪を引かれる思いで泣きながら海外赴任したんだそうです。

 

が、海外(東南アジア)に行って会社の立ち上げを手伝いながら、いろいろな視野が広がったんだそうです。片言の英語と現地語でコミュニケーションを取りながら、「自分はこんなことも出来たんだ」という気付きも多くあったんだそうです。

 

Bさん

イヤイヤ行ったはずなんですが、思ったより楽しいことも多くて。30歳の気分的にも、もう自分は細々と仕事をしながらこんな人生かな~と思っていた路線から一気に外れた世界が見れたというか…行ってよかった!と今は思います。

 

その後、無事使命を終えて日本に帰国した彼女は、しばらくしたのち、退職しました!

 

そして地元に戻って結婚されたんだそうです!!!

 

Bさん

…実は、行く前に言われた母の言葉に逆らいたくなりまして。(笑)自分の仕事に気負いもあったのですが、それだけじゃないかも?という考え方ができるようになったのも、海外でしたいろいろな経験のおかげですね。

 

その後、地元の企業に転職も成功。今後も、状況に合わせて柔軟に働き方を考えて行ければな~と思っているそうです。「転職や変化が怖くなくなったのも、あの海外経験のおかげかな~」と言っていました。

 

Bさんにとっての海外赴任は、思っても見なかった影響を与えた体験だったようです。

 

 

海外赴任を断った場合

次は、実際に海外赴任を断ったケースの話です。

 

海外赴任を断るには自分の勇気が必要なだけでなく、関係者やいろんなところに迷惑や問題を起こしてしまう場合もあります。

 

特に、辞令前の打診の段階での根回しや調整、期限が決っている場合などはタイムリミットを会社側に配慮して考えると、その後の社内での軋轢も少なく済む場合があるようです。

 

もちろん、それぞれの個人にも、突然の事情や希望もあると思います。

 

さて、海外赴任を断ったらどうなるのか?会社や状況によってもいろんなケースもあると思いますが、今回は一例として参考にしてみてください。

 

 

Cさんのケース(30代男性。海外赴任に行きたかったけれど…)

 

Cさんの勤務している会社では、「海外赴任から帰ってくれば出世間違いなし」と言うのが周知の認識だったそうです。

 

Cさん自身も、出世や今後の仕事を考えて海外赴任の希望をずっと出していたそうです。

 

そして、ある時とうとうCさんにも待ちに待った海外赴任の声がかかりました!

 

海外赴任に行く気満々のCさんでしたが、気にかかることがありました。

 

お子さんが受験を控えた年齢で、奥さまから「行くなら単身赴任で」と言われてしまっていたそうなんです。

 

その会社の海外赴任者はたいていが奥さま帯同なので、以前から話してきたにもかかわらず突然の奥さまの返答にビックリしたそうですが、当時の奥さまの意思は固く。

 

会社に相談したところ「奥さんを説得しろ」とだけ言われてしまい…Cさんは悩み過ぎて体調を壊してしまったそうです。そして辞令が出るギリギリ前に、海外赴任を断ることにしたそうです。

 

結局、海外赴任を希望していたのに土壇場で蹴った、ということで会社に居づらくなってしまったそうです。(そしてその後、配置換えもあったそうです。。。)

 

ただCさんはその後、ベンチャー企業に転職して、健康も回復した今は精力的にお仕事されているそうです。

 

Cさん

実は正直、転職して良かったと思っているんだ。前の会社は大手だったけど、会社と個人の交渉ができないことが多くて…それが転職の時に会社を見る基準にもなったんだよね。

今は業種も変わって、なにかと忙しい毎日だけど、働く環境を自分のために変えられるし、上との交流も多くて風通しがいい。仕事をしている実感は以前よりもある。海外赴任はずっと憧れていたけど、結果として良いきっかけにはなったと思ってる。

実は家族も喜んでてさ~。以前は自分ももっと仕事中心だったし。今は家族との関係もいいし、妻は「仕事より家族を選んでくれた」と感じたらしく、転職の時はすごく応援してくれたんだ。

あの時が、家族分裂のボーダーラインだったかと今思うと、ぞっとするよ。。。

企業によっては、やはり「社員のNO」に対しての罰則があったりするようですね…でも、そんな中で自身の体調を壊すまで家族との関係に真剣に向き合ったCさんだから、奥さまも新しい挑戦を応援できたんだろうな~と。

 

何らかの理由があって転職に踏み切る場合、家族の理解が無いと本人が一人辛くなってしまう場合も多いと思います。

 

モニカ

・・・実はコレ、すごく分かるんです!!!!!

私は、家族がいない独身で転職をしていましたが、それでも親から「また仕事変えるの?」「もっと”頑張らない”仕事に就けないの?」と言われるとものすごく落ち込んだんですよね。。。

なので、実はほぼ「家族にはナイショの転職」(事後報告のみ)でした。(苦笑)

 

 

海外赴任に行きたくないときの答えに迷ったら・・・

海外赴任をするか、しないか。キャリアにおいて、大きな選択です。

 

あなたのこれまでの努力が認められ、社内であなたを推薦してくれた上司や同僚がいたりした結果、この海外赴任チャンスが来たわけですから、それを断る時は本当に悩むはずです。

 

海外赴任に行って人生を台無しにしてしまった例も、実はあったりします。

…気になると思うのでちょっと説明

とある企業の出世頭として鳴り物入りで海外赴任した方(当時40代男性・既婚)が、現地で女性問題と金銭問題を起こし、離婚されて家族と別れ、出世どころか懲戒解雇。その後もちろん日本には戻れず、今もその地にいるとかいないとか…。

 

海外赴任を良い経験にするのか転落の人生の始まりにするのか全部あなた次第

 

海外赴任に行って新しい経験をして開眼したり出世するのも、海外赴任を断って別の新たな可能性を拓くのも、あなたの人生やキャリアにとってプラスの結果を得るのはどちらも可能だということもぜひ覚えていてほしいです。

 

そして、海外赴任を受ける際も断る際も、きちんと筋を通して周囲に心を尽くせば、どの道を選んでもあなたを応援してくれる人が必ずいます。

 

海外赴任は大きな決断。でも、あなたの人生はもっと大切ですよ!

 

この記事が、皆様のお力に少しでもなれば幸いです。

 

あなたの人生とキャリアにおいて、納得のいく決断ができますように。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

転職のプロがあなたの悩みを解決します!無料相談はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です