海外赴任で役立つ!グローバルビジネス関連本5冊を紹介!

 

海外赴任が決まったら、あれもこれもと準備することが山ほど出てきますよね!

 

まずは赴任先となる国の情報収集をし、そこから金融や各種保険関連の手続き、そして引っ越しや日常生活関連の準備などなど、赴任後に困らないように準備しなければなりません。

それらの準備をしながら、さらに国内業務の引継ぎなどなど、赴任前にこなさなければならないタスクが数えきれないほどあります。

 

考えただけでパニック寸前!なんてことになるかもしれません。

 

海外へ出発した後に、「あれ?そういえば、あの手続き、まだしてなかったんじゃない?」

 

ということにでもなれば、大変です。

日本でなら問題なく処理できることでも海外から手続するとなると、なかなか思うように進まないことも出てきてしまい大変な事態になりかねません。

 

また海外赴任中にも、現地の人たちとのビジネス面や日常生活上でのお付き合いで、「何でこんなことになっちゃうの?」と思ってしまうような想定外のハプニングもたくさんあります。

生活習慣や常識は、各国や地域によって大きく異なりますからね。

 

でも、ご安心ください。

 

念入りな準備をすれば、いろいろな不安も解消できますよ!

 

色々な事態に戸惑うのは、それを知らないからです。

なので、事前に知識として知っていれば、たとえ日本の習慣では驚くようなことが目の前で起きた時にも最低限パニックに陥ることは防ぐことができるはずです。

 

そこで今回は、海外赴任で役立つおすすめの本5冊をご紹介します!

海外赴任前の事前準備から、現地の情報そして帰任後まで、幅広くカバーする本が刊行されているんですよ。

 

 

 

海外赴任の各種手続きに便利な本

 

海外赴任前や赴任中、そして帰任後など、いろいろなシーンで様々な手続きが必要になります。

 

何の準備を「いつまでに」「どこで」「どんなふうに」すればいいのか。

渡航してから、「あれを忘れた!?」という事がないように。

 

海外赴任予定者がしなければならない準備に関する情報を、わかりやすくまとめた本を2冊ご紹介します!

 

 

海外赴任前の準備にはこの1冊!

引用:amazon

 

海外赴任ガイド2020

株式会社JCM著

 

こちらのガイドブックは、日本を出発するまでの限られた時間内で、済ませておくべきことや済ませておきたいことに焦点をあてています。

 

主な内容は、海外赴任の準備、引っ越し、住宅、医療と健康、現地の暮らし、子どもの健康についての情報です。

 

実際に世界各地に海外赴任されている方々の体験談やアドバイスもあり、とても参考になりますよ。

 

巻頭には、海外赴任チャートが付いています。

各項目別に、いつ頃までに準備すればいいかが図解されていて便利です。

 

巻末の付録にはキーワード索引や掲載企業・団体・サービスの索引もあるので、いろいろと活用できますね!

 

 

タイ・シンガポール・インドネシア・ベトナムに赴任される方は必読!

引用:amazon

 

 

ASEAN(東南アジア諸国連合)の中で急速に経済発展しているタイ、シンガポール、インドネシア、ベトナムに海外赴任する方には必読の書です!

 

税務などを中心に、最新の現地の情報が盛り込まれています。

 

こちらでは、あえて国別ではなく項目別に構成されており4か国すべてに当てはまることなのか、または特定の国にだけ当てはまるのかを確認できるようになっています。

 

自信が赴任する国と近隣の国を比べることで、その国の生活環境や制度について、より深く理解できます

 

また、赴任前の準備だけでなく赴任中、そして帰任後に必要な手続きについても丁寧に解説されていますよ♪

 

Q&A方式で、日本と赴任地国での税務問題、社会保険、健康・リスク管理、生活・教育事情、給与設定の方法、海外赴任者規定の作成方法について、図解付きで詳しく説明されています。

 

この他に、「アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル編」、「中国編」、「台湾・韓国・マレーシア・インド・フィリピン編」の3冊が、姉妹版として出版されています。

 

モニカ
理解しづらい税務などの手続きも、この本があれば安心ですね!

 

 

 

海外赴任での異文化理解についての本

 

グローバルビジネスや海外での生活を成功させるには最低限、語学は必要ですね。

ですが、それ以上に異文化理解が大切と言われています。

 

海外赴任前に赴任国の文化や常識を知っておけば、余計なトラブルを避けることができます。

 

そこで、異文化理解についての本を3冊、ご紹介します!

 

 

ビジネスエリートも実践!必須のスキルがわかる!

引用:amazon

 

 

もともと外国人と働くのが苦手なドメスティックパーソン(自国内に留まる人物の意として使用)だった著者が、海外赴任を重ねてグローバルビジネスパーソンとして活躍するまでになった体験談なので、説得力があります!

 

日本と深い関わりのある世界の主要国(アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中国、イスラム諸国、ベトナム、アジア諸国、インド)別に書かれています。

 

おもしろいエピソードや外国人とのコミュニケーション術が、各項目別にコンパクトにまとまっていて、読んでいくうちに思わず引き込まれてしまいますよ♪

 

日本の常識が世界の非常識になることや、知ってるつもりだったけれど実はよくわかっていなかったことなど、まさに「目からうろこが落ちる」ような感覚になります。

例えば、中国人には冷たい豪華なお弁当よりも、あたたかいコンビニ弁当のほうが好まれる理由や、「Good job!」は、ビジネスでは上から目線のNGワードになるなど、役立つ情報が満載です。

 

日本のカルチャーについても知識を身につけて、海外の人たちに伝えることも異文化理解だという、日本人が忘れがちなことにも気付かせてくれます。

 

モニカ
世界にはまだまだ知らないことがたくさんありますね~♪

 

 

ベテランの女性ビジネスパーソンからのメッセージ

引用:amazon

 

 

こちらの本の著者は、40か国とのネットワークを持ちながら14業種の海外事業に携わるビジネスウーマンです。

豊富なグローバルビジネス経験から、これからの日本の海外ビジネスのあり方を熱く語っています。

 

海外赴任で成功するためのヒントが満載ですよ。

 

例えば、論理的な海外仕様の思考や複数の専門知識を習得すること、英語はビジネスレベルの口語を、その他の特定地域の言語は「死なない程度に生きていける」レベルを習得すればよいことなど。

 

その他にも、人材マネジメントの方法や、個人のサバイバル力を養う方法など、海外赴任に役立つ情報が盛りだくさんです!

 

 

さまざまな国の人々や生活が見えてくる!

引用:amazon

 

 

こちらの本は、民間の会社で9年間、海外赴任前研修のコーディネートを担当してきた著者が、40か国それぞれの暮らしについてまとめたものです。

アジア12か国、ヨーロッパ12か国、北中南米5か国、中東・アフリカ8か国、大洋州・ハワイ3か国について記されています。

 

これらの国々に実際住んでいた方々へのインタビューをもとに、それぞれの国の人々の生活や価値観などが書かれています。

 

日本人と似ている価値観もあれば、違った価値観もあり、新たな発見がありますよ!

 

 

 

海外赴任で役立つグローバルビジネス本で万全な準備を

 

海外赴任に必要な情報本と異文化理解についての本5冊ご紹介させていただきました。

事前に情報を掴んでおくことで、心の準備も出来ますし手続きもスムーズに進められるはずです。

 

海外ビジネスでは、どこでも、だれとでも、上手に付き合っていける人材が求められています。

 

海外赴任って想像以上に大変だなぁ。。と感じるかもしれません。

 

でも、最初は失敗ばかりしていたビジネスパーソン達が、がんばって成功するまでになった体験談やアドバイスを読むと、モチベーションも上がってきますよ!

 

モニカ
この記事をきっかけに、読者様の海外赴任のお役に立てれば嬉しいです!

 

 

海外赴任に家族も帯同するという方は、こちらの記事も参考になさってください♪

妻だけではなく、家族で使える英会話フレーズや英語で日本文化を紹介する本など紹介しています。

そして家族が帯同する際に必要になる手続きも。

ぜひチェックしてみて下さいね。

海外赴任前に妻が読むべき英語の本は?気軽に読める5冊を紹介!

2019年11月9日

【海外赴任】帯同する家族に必要な準備は?いつ頃からすればいいの?

2019年9月3日

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

転職のプロがあなたの悩みを解決します!無料相談はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です