【転職】面接の逆質問って?印象をプラスに変えるチャンスを掴め!

 

なにか弊社に関して質問はありますか?

転職の面接で増えている、面接官からのこの質問。

面接官に逆に質問するということで逆質問と呼ばれています。

 

最近は、面接の際にこの「逆質問」を設ける企業が多くなっています。

 

求職者としても疑問点や不安点を解消できるメリットがありますが、実はこの「逆質問」も合否決定の決め手になるんです!

採用官を担当したこともあるこの私モニカが、逆質問のダメな例良い例そもそも逆質問とは何か?を詳しく紹介いたします。

ぜひご覧くださいね!

 

【転職での面接】逆質問は自分をさらにアピールできる機会

 

最後に、弊社についてなにか質問はありますか?

転職の面接では必ずと言ってよいほど聞かれるこの質問。

それまで聞かれていたことに答えればよかったのに、突然の逆質問に戸惑う人も多いです。

 

逆質問は自由度が高く、どうやって対策をすればよいのか迷いますよね。

実はこの逆質問、パターンを覚えれば対策も簡単なんです♪

 

モニカ
でもその前に、どうして「逆質問」を採用官がするのか、理由を考えてみましょう!

 

逆質問は一見すると面接者の不安や疑問を解消する質問タイムに見えますよね。

もちろんそのような「仕事を応募する人への優しい配慮」という一面もありますが、実は採用する企業側にも大きなメリットがあるんです。

 

逆質問の意図
  • コミュニケーションがきちんと取れるか確認できる
  • 働くことへの積極性ややる気があるか判断できる
  • 社風や会社の考えに合っているか確認できる

 

面接で相手にプラスの印象を与えるには「逆質問を通して企業が何を知りたいのか」を考えることが重要です。

さらに他の面接者と差を付けるために、なぜこの質問をしたのか理由や経歴を話すこともポイント。

 

モニカ
新卒ではない、他の仕事を経験したことのある転職者だからこそ、効果的な逆質問ができますよ♪

それでは逆質問のNG例から見てみましょう!

 

【転職での面接】ダメな逆質問と失敗例

 

まずは逆質問のNG例を見てみましょう!

今までの面接でついついやってしまっていないか、チェックしながら確認してくださいね♪

 

逆質問の失敗ポイント
  1. 会社のHPや求人情報を見れば分かる質問
  2. 自分の評価をマイナスにさせる質問
  3. 仕事のメリット面ばかりを強調する質問

 

それではそれぞれのNG逆質問と失敗例を確認してみましょう!

 

会社のHPや求人情報を見れば分かる質問

転職したい会社のことを調べてから面接に挑むのは、基本中の基本です!

事業内容や企業理念など、会社のHPや求人情報を見れば分かることは逆質問しないようにしましょう。

これらのことを知ったうえで求人に応募したのだと面接官は思っています。

 

モニカ

そもそも逆質問は面接の最後に行われることが多いです。

それまでの面接はなんだったの?」「知らないままで質問に答えてきていたの?」と呆れられる質問はやめましょう!

 

【逆質問の失敗例】

  • 御社の企業理念は何ですか?
  • どのような業務内容ですか?
  • 年間休日はどのくらいありますか?

 

自分の評価をマイナスにさせる質問

転職の面接とは、言わば自分を商品として売り込むアピールの機会。

そこで自信のなさや謙遜を表しても、面接官には伝わりません!

 

逆に「履歴書の内容と違うのかな。不安だな」とマイナス要因になってしまいます。

 

【逆質問の失敗例】

  • 英語の資格は持っていても話すのは苦手です。大丈夫ですか?
  • 未経験なので不安です。勉強できる環境はありますか?
  • 自信がない私でもやっていけるでしょうか?

 

どうしても相手に伝えたいマイナス部分がある場合は、やる気や目標を添えて質問するようにしましょう!

 

モニカ
具体例はこの次の章の「逆質問の成功例」を参考にしてくださいね。

 

仕事のメリット面ばかりを強調する質問

給与や待遇を確認するのは重要なことですが、質問の仕方によっては「仕事に興味がない」と取られてしまうこともあります。

また、福利厚生や給与などは求人情報にも載っていることがほとんどです。

すでに公開されている情報より、聞かなければ分からない内情やる気を感じさせるポジティブな質問を心がけましょう!

 

【逆質問の失敗例】

  • 残業手当や休日手当はありますか?
  • 有給休暇は買い取ってもらえますか?
  • 福利厚生はどんなものがありますか?

 

面接前に求人情報をよく読み「知っておくべき情報」は質問をしないように注意してくださいね。

また、転職の際は複数の企業に応募することがあります。

別の求人内容とごちゃまぜにならないよう、事前にしっかりまとめておきましょう。

 

【転職での面接】逆質問の成功例

 

失敗例の次は、成功例もチェックしてみましょう♪

いくつかパターン別に分けて紹介いたしますので、自分の状況に合わせてアレンジしてみてくださいね。

 

モニカ
また、どうしても逆質問は苦手!という読者さま向けに、モニカのイチオシ逆質問も紹介します♪

 

仕事へのやる気や意欲を表す逆質問

やはり面接官に一番響くのはやる気を感じさせる言葉です。

求人に応募してきたからには面接者は働く意欲があると思いますが、全員を採用するわけにはいきません。

限られた枠を与えるのなら、長く働いてくれそうなやる気に溢れる応募者を採用したい…というのが面接官の心情です。

 

そこで逆質問でも「会社で活躍したい」「役に立ってみせる」という熱意を込めた質問をしてみましょう!

 

【逆質問の成功例】

  • 早く仕事を覚え、責任あるポジションを目指したいと考えています。御社の評価制度・昇進制度はどのような基準になっていますか?
  • 今回の求人にあたり、求めている人材はどのようなものでしょうか?また、どのような働きを期待されていますか?
  • 入社後もスキルアップに努めたいと思いますが、資格取得へのサポートはございますでしょうか?

 

自分の能力や実績を強調する逆質問

履歴書などで能力や資格は分かるものの、さらにアピールしたい!というときにも逆質問は効果的です。

特に転職の場合は「前職では〇〇でした」と、具体的な実績を示すことができます。

 

モニカ
転職…つまり中途入社では、即戦力が求められることが多いです。

前の職場で行っていたことをアピールすることで、自分が入社したときの具体的なイメージを面接官に持ってもらいましょう♪

 

【逆質問の成功例】

  • 前職では得意の英語を活かし、翻訳業務もしていました。配属先部署で英語を使う機会はどれほどありますか?
  • これまでの経験で経理の流れはある程度掴めていますが、足りないスキルがあれば教えていただけますか?
  • 未経験ではありますが、前職で培ってきたスキルや能力でお役に立てるよう頑張りたいと思います。同じように未経験から入社された方がいらっしゃいますか?

 

注意したいのは、スキルや能力をアピールしたいがために強調し過ぎてしまうことです。

メインは質問であるということを念頭に置きつつ、さりげなく自分の強みを推してみましょう♪

 

福利厚生や職場への不安に関する逆質問

給与や福利厚生などの待遇は誰もが気になる点です。

求人情報や面接を通して待遇については確認ができるはずですが、未掲載だったり曖昧な説明を受けたら確認をしたいですよね。

そんな場合も「以前の職場では…」という便利なフレーズを使うと、気になる情報を質問しやすくなりますよ♪

 

【逆質問の成功例】

  • 以前の職場ではボーナスはどれだけ頑張っても固定でした。御社での賞与は実績に応じたものでしょうか?
  • 得意の英語で活躍できれば嬉しいですが、さらにレベルの高い技術や資格も勉強したいと考えております。御社では、スキルアップにつながる福利厚生がありますでしょうか?
  • 前職ではアルバイトやパートをまとめる役割をしていたため、彼らの退勤後の処理で残業が多かったです。御社では残業をしないような取り組みはございますでしょうか?
  • お話しした通り、長期休暇ではボランティアなどに参加しています。有給休暇が取りにくい時期や繁忙期はいつでしょうか?

 

「転職する=前の職場では不満な点があった」「それはどんな点かな?」と気になるのが面接官です。

せっかく採用しても、同じ不満があれば会社を離れてしまうかもしれません。

事前に応募者の希望を確認することは、面接官にとってもメリットがあるんですよ♪

 

モニカ
転職の場合は「他の会社」での体験を加えることで、面接での発言に説得力が出ます♪

新卒とは違う観点で「逆質問」できるのが、転職者の強みですね!

 

思いつかない時はコレ!面接官受けが良い逆質問

 

読者様
でもでも!

それまでの面接での質疑応答で全部確認しちゃったら、逆質問することなんてないよ!

読者様
自信たっぷりに発言することなんてできない!

アピールし過ぎて傲慢なイメージが付いちゃったらどうしよう!?

 

こんな不安を感じる面接者も多いのではないでしょうか。

 

すでに確認済みの情報を質問するのは「聞いてなかったのかな?」と面接官に思われてしまうかもしれません。

また、自分のやる気や実績をアピールし過ぎると「傲慢な性格」「他の人とうまくやれるのかな?」とマイナス方面に取られてしまう可能性もあります。

 

モニカ
そこで、面接での質疑応答や前職に関係のない、でも面接官に印象が残る「逆質問」を紹介しますね♪

 

【逆質問の成功例】

  • 〇〇(面接官)様から見て、私に足りないスキルや能力があれば教えていただけますか?
  • もしよろしければ、この面接のフィードバックをお願いします。
  • 〇〇(面接官)様が考える「御社で活躍する人材」とはどのような方でしょうか?
  • 配属される部署ではどのような人材が求められていますか?

 

多くの面接をこなすと、採用官側も同じような受け答えにマンネリを感じてしまうもの。

そんなときに「あなたのお考えをお聞かせください」と言われると、ハッとしてしまいます。

 

また、面接官からのこれらの返答は次の面接を受けるときの参考にもなります。

「質問することなんて思いつかない」というときにも、ぜひ使ってみてくださいね。

 

***

 

とはいえ、上記は日本での転職の場合。

外国では自分の実績やスキルアピールするのは当然です。

むしろ謙遜は通じませんので、積極的に自分を売り込みましょう!

 

海外での転職のコツはこちらの記事にまとめてあります。

ぜひこちらもチェックしてくださいね♪

初めて書く方必見!「英文履歴書(CV)」の書き方とコツ【基礎編】

2020年5月2日

 

転職の面接での逆質問は恐くない!

 

転職の面接は誰でも緊張するもの。

何回も転職経験した私モニカでさえ、面接を受けることに怖さを感じることがありました。

 

その上さらに「逆質問」をしなければならないなんて…

逆質問は「なんでも聞いてください」という言葉が添えられることも多いため、内容が広すぎて困惑する面接者も多いです。

 

しかし、逆質問はしっかり対策を立てれば怖くありません!

その場での思い付きではなく、事前に質問内容を用意しておきましょう

 

逆質問の成功ポイント
  • なぜ「逆質問」を企業がするのか考える
  1. やる気や意欲を伝える質問を!
  2. 自分の経歴と絡ませて質問を!
  3. 職場環境への不安は前職との比較で!
  4. 面接官個人の意見を求めるのもアリ!

 

転職への効果的な秘訣はこちらの記事でも紹介しています。

ぜひご覧くださいね♪

転職で悩んでる方へ!!失敗体験談から学ぶ転職成功の秘訣!!

2020年6月29日

私が失敗から学んだこと!面接を攻略したコツ【転職は怖くない!】

2020年4月9日

 

読者様の転職がうまくいきますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

転職のプロがあなたの悩みを解決します!無料相談はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です