海外駐在は楽しい!充実した海外生活を過ごすコツ!

慣れない生活環境、言葉の壁、現地スタッフのマネジメント・・・

 

海外駐在は、たとえ希望して自分で選んだ道だとしても、想像以上にストレスフルな日々です。

 

海外生活において、私も体験したリアルな悩みと乗り越える方法についていろいろ紹介しているのでこちらのページも合わせて読んでみてくださいね。

 

せっかくの海外駐在・海外生活するなら、楽しんだほうが良いに決まってますよね?!

 

日本への帰任することになったとき「大変なこともたくさんあったけれど楽しかった!」「人生でも貴重ない経験になった!」と思えたら素敵だと思いませんか?

 

「どうすれば楽しめるのか?」

 

今回は、海外駐在・海外生活を楽しむコツを紹介します!

 

日本と海外は違うのが当たり前だと思ったほうがいい!

海外で仕事をし、生活をする上で日本とのギャップを感じてしまうのは、仕方のないこと。

 

5分前にくるのが当たり前な日本人に対して、ちょっとの遅れは遅刻じゃないという認識の現地スタッフ・・・

 

決っている自分の仕事が終わったら勤務時間中でも好きな事をしだしたり、待っているお客さんの長蛇の列がそこにあっても「私、コーヒー飲みに行ってくる!」と外出しちゃったり・・・

 

モニカ
お店などのビジネスシーンでも公的機関でも、「日本だったらびっくり!」な対応が、外国ではちょくちょく遭遇してまして…。

たまに「ハメ外しすぎでは?」「カジュアル過ぎでは?」「…それってどうなの?」と思う接客や就業態度に遭遇すると、ホントにびっくりしますよね。

 

まあ、ここは外国。日本ではないのです。

 

期待とは違う対応にいちいち反応していては、こちらは疲れきってしまいますよね。

 

少し俯瞰的に「なぜそうするのか?」という相手を知ろうとする姿勢や、「それもありか~!」という受け入れの姿勢を大事にして、まずは気持ちゆったりと構えて、異文化を受け入れてみましょう。

 

外に出かけてみる

平日は仕事で疲れているし、土日はゆっくりしたい・・・

 

でも家と会社の往復だけだと、身体も動かせず、気分もリフレッシュしずらい状況に。

 

モニカ
海外生活において、体調管理はもちろん、メンタルのリフレッシュやコントロールもとっても大事!

 

せっかく現地にいることを活かして観光してみる、ローカルなお店やレストランに行ってみる、近所を散策してみる、時にはちょっと運動してみるなど、会社と家以外の景色や場面に身を置いてみることをおススメします。

 

そうすることで新たな発見があったり、仕事で来ている国だけじゃない興味が出たり、仕事以外でも様々な出会いがあったり・・・と想像しなかったことも起こるステキな可能性もあるかも!

 

モニカ
私は、たまたまバス停で一緒になった近所の方から誘われて、ダンスサークルの体験レッスンに行ってみたことがあります。ダンスはそれ一回だけになったのですが(苦笑)、なんとそこで知り合った方と仲良くなって、一緒にBBQしたりと家族ぐるみの交流に発展しましたよ~。

 

中国駐在中にスペイン人の彼と出会い、なぜか今スペイン在住…という友人とも出会いました。人生のハプニングはいろんなところにあるのです!

 

頼れる人や、相談できる人ををつくる

 

 

何かあったら頼れる人や、相談ができる人を作りましょう。

 

日本人でも、現地の人でもいいです。

 

時には日本語で話せる日本人同士なら、気になることや現地での共通する悩みなど、色々な情報も共有しやすいかもしれませんね。

 

また外国人でも「なぜだかウマが合う」人と出会うと、あなたの人間関係がバラエティにもなります。

 

最近は実際の偶然をぼんやりと待たなくても現地の日本人コミュニティの集まりに参加してみたり、同じ趣味の人とSNSで繋がってみたりと、積極的にいろいろな出会い方ができます

 

SNSで#○○(国・都市名)在住と検索したり、ハッシュタグをつけて投稿すると、現地の日本人ともつながりやすいです。

 

モニカ
友人作りは、日本人・外国人に変にこだわる必要もないと思っています。私にとって大事なのは「会いたい相手であること」でした。

ちなみに現在いるスペインでは、日本人やスペイン人はもちろんロシア人・ドイツ人・インド人・タイ人の友人とも交流があります。結構ディープな話もスペイン語ミックスで語らうことも。女性同士が集まったら、嫁姑問題は世界共通の話題です。(笑)

 

目標を持つことが大切!

どうしてもなんとなく毎日に追われているだけで、あっという間に過ぎてしまうことが多いです。

 

それだけでも充実感はありますが、もし期限がある海外赴任や駐在であるなら、意識して目標を作ることで、もっと充実感や達成感を味合うことができます!

 

この目標は仕事でも、それ以外でもいいと思います。

 

現地の言語を取得する、赴任先や周辺国を旅行してみたり、現地でしか体験できないチャレンジしてみたり、私のようにブログを書いてみたり・・・

 

モニカ
外資系に勤めるアメリカ人の友人は、赴任先の日本では仕事で英語のみでしたが、働きながら日本語も習得して、「英語と日本語ができる」触れ込みで某日系大手企業に転職していて驚きました!「次の目標は日本人の彼女!」と言ってました。(笑)

目標を設定することで海外生活がさらに「人生でかけがいのない、あなただけのステキな経験」にできるかも!

 

「がんばった」自分を褒めよう

 

「会議で全然英語が聞き取れなかった・・・」

 

「店で何度も英語を聞き返されて、結局指差しでの注文になってしまった・・・」

 

慣れないうちはできないことばかりで、自信を無くしてしまうこともあります。

 

でもよーく考えると、外国で働いて生活しているだけでもすごいことなんですよ~!

 

まずは、異国で元気で生活しているだけでも、あなたは十分頑張っています。

 

モニカ
実は昔、イギリスで就職先が決まらず落ち込み寝不足が続いた時、「君は頑張ってるから落ち込むことは無い。寝る前に自分を褒めてごらん」とカレッジの教授に言われました。ほんとうにすごく有難かったです!

 

特に夜寝る前などは、色々ネガティブに一日の反省をしちゃうことも多いと思います。

 

でも「うん!今日も頑張ったな~!」とポジティブに眠りにつくことで、翌朝の寝起きも良くなりそうな気がしませんか?

 

日本じゃない所で頑張っている自分を、まず自分で褒めてみましょう!

 

ポジティブであれば、きっと海外生活も楽しめるきっかけをもっとキャッチできますよ!

 

海外生活を楽しむのも価値を持たせるのも自分次第!

大変なこともたくさんある海外生活ですが、海外駐在・海外赴任は、会社や今後のキャリアなどにおいても大きなインパクトになることは間違いないです。

 

海外生活は、日本での生活とは違うことが多くストレスもあるかもしれませんが、あなたの人生の中でもいろいろなことを考えたり、見直したりするのにも「良いきっかけ」になるかもしれません。

 

さらに、異国で楽しむことができれば日本に帰ってきた時も「よし!これからも楽しむぞ!」という気持ちが芽生えたり、「新しいことにチャレンジ」したくなるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

転職のプロがあなたの悩みを解決します!無料相談はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です